気になるブログ|ニコチンリキッド(VAPE)、その他気になったこと

たばこは健康に悪い。でも生活に彩りを与える。電子タバコ・VAPE+ニコチンリキッド(ニコリキ)というのはどうだろうか。

記事はこの後すぐ↓↓


テーマはあまり関係ないけど姉妹サイトです
<リンク:真夜中トーキョー>
「30代のこれからの生き方・働き方」を中心に、思いつくままの雑記ブログです。

もしお時間あれば見てみてください

まとめサイトで「ploomtechが最強」と言われていたけどニコリキには勝てないだろって話

今朝、日課まとめサイトアプリを巡回していたところ「PoomTeck最強すぎ」みたいなスレを見つけた。

再度検索しても見つけられないのがなんとももどかしいが、要するにこういう話だった。

 

1の主張としては、ほぼ無臭・タールゼロでタバコらしい吸いごたえ、そしてコスパの良さを強調。

ただ一部の参加者が言う通り、VAPEでいいじゃんと思う。ほぼほぼプルームテックの上位互換なんだし。
一人だけいたな。ハイリクのニコリキをすすめてる奴が。

 

プルームテックってどこら辺が良いのか

このブログでもおすすめしているプルームテック、あるいは互換機だが、改めて何が良いのか。

プルームテックと互換機の使い方

基本的にプルームテックの構造はVAPEと同じである。

ほかの加熱式タバコの多くはたばこ葉を直接加熱するのに対して、プルームテックではカートリッジの中に入っているグリセリンを加熱、帰化したグリセリンがたばこカプセルを通ることでたばこ感を出している。

 

この方式だとIQOSのような独特の匂いもなく、それでいてたばこのキック感を味わえる。

 

 

しかし毎回カートリッジを買うとなると、コスト的には紙たばこを吸うのとそんなに変わらない。
あるいは純正プルームテックではどうしても軽くて物足りない人もいるだろう。

 

そこで出てくるのが互換機。
プルームテックのパーツを分けると、①バッテリー、②カートリッジ、③たばこカプセルに分かれる。

このうち前者二つは様々な互換品が出ており、組み合わせる事でオリジナルのプルームテックも作れたりする。
さらにカートリッジの互換品としてタンクがある。

これはVAPE用のリキッドを貯めておくパーツだ。これにより純正品より多くのリキッドを貯めたり、好みのフレーバーを選べる。

 

もっと言ってしまえばたばこカプセルだけ使えればどんなVAPEだってプルームテックの互換機になりうるのだ。
BAPEの吸い口はドリップチップと呼ばれ、だいたい規格が決まっている。なので好みのVAPEとたばこカプセルを装着できるドリップチップだけ買ってしまえばプルームテックの存在意義はかなり薄れてしまうと思う。

 

ちなみにドリップチップは安い。


プルームテック 対応 互換品 ドリップチップ 電子タバコ VAPE マウスピース 510 ploomtech 互換

 


Kecig 1.0 Drip Tip 電子タバコ VAPE マウスピース510転送 PLOOM 爆弾互換性

 


ドリップチップ MONOVAPE ベイプ マウスピース 510規格 drip tip スピットバック 防止 ステンレス ヒートシンク 設計 510 vape 用 キャップ カバー mv010 [日本正規品]

 

構造がシンプルなだけに、限りなく安いものでも使えないことはない。

しかし口当たりや本体へのフィット感を考慮すると一番下の奴くらいは買いたい。

 

 

そもそもたばこカプセルっているの?

たばこカプセルはたしかにいい。

後述するように、いかにVAPEにニコチンリキッドを入れて十分なキック感を得られたとしても、たばことは風味というか微妙な吸い心地に差が出る。
その点たばこカプセルはたばこっぽさを補ってくれる。

 

だけどあえて言いたい。どうせたばこ以外のものを嗜もうとするならば、たばこ感なんてなかったらなかったですぐ慣れる。

ノンニコチンのVAPEはたばことは別物だ。しかしニコチンリキッドを使ったVAPEは満足感という点でたばこに何ら遜色はない。


ニコリキのコスパは圧倒的

以前から繰り返し記事にしているが、ニコリキのコスパは圧倒的だ。
1,000円くらいで購入すれば1ヶ月から2ヶ月は余裕で持つ。

VAPEの値段も下がり初期投資もたいして必要なくなっている事も含め、興味がある方は是非試してみることをおすすめする。

 

startyourlife.hatenadiary.jp

 

ニコリキとプルームテックのメリデメまとめ

プルームテック(純正)

メリット
  • タールが(ほぼ)ない
  • においがない
  • 壁や肺が汚れない
  • たばこ特有のキック感(吸い心地)がある
デメリット
  • たばこと比較してコストが下がりづらい
  • カートリッジやたばこカプセルの管理が割と手間
  • ニコチンの強さが選べない

 

ニコチンリキッド

メリット
  • タールが(ほぼ)ない
  • においがない
  • 壁や肺が汚れない
  • ニコチンの強さが選べる
  • フレーバーが豊富
  • カスタマイズやガジェット的楽しみがある
  • 圧倒的コスパ
デメリット
  • リキッド残量の管理が割と手間
  • 個人輸入が必要(でも実は超カンタン!) 

startyourlife.hatenadiary.jp

 

 もしたばこから電子タバコなどへの移行を検討している人がいたら、まずはVAPEに専用ドリップチップにたばこカプセルを刺して使ってみたらいいと思う。

そしてたばこカプセルなしも試してみて気に入ればあとはニコリキだけ買えばいいのだ。

 

これだけあれば始められる!ニコリキデビューセット!

ほんとにこれだけだ。送料を含めても5,000円でおつりがくるし、ポチってから1週間もあればリキッドも手元に届くだろう。

 

<たばこカプセルも使うなら>  


プルームテック 対応 互換品 ドリップチップ 電子タバコ VAPE マウスピース 510 ploomtech 互換

 

<入門用の大定番!>


Joyetech eGo AIO スターターキット Chinoiserie

 

<フレーバーはお好みで!> 

www.hiliq.com