気になるブログ|ニコチンリキッド(VAPE)、その他気になったこと

たばこは健康に悪い。でも生活に彩りを与える。電子タバコ・VAPE+ニコチンリキッド(ニコリキ)というのはどうだろうか。

記事はこの後すぐ↓↓


テーマはあまり関係ないけど姉妹サイトです
<リンク:真夜中トーキョー>
「30代のこれからの生き方・働き方」を中心に、思いつくままの雑記ブログです。

もしお時間あれば見てみてください

【今さら?】これからニコリキを始めたい人!ニコリキとは?

おかげさまで最近ブログのアクセスが増えている。

特に興味を持たれていると思われるのは比較的基礎的な内容というか、これから始めようとしている話題についてだ。

 

これまでに下記のような記事を書いたこともある。

 

startyourlife.hatenadiary.jp

 

これはVAPE・電子タバコをこれから始めようという人を想定した内容になっているが、今回はVAPE・電子タバコは既に使っているがニコリキを使ったことがない人、あるいは両方使ったことがなくてゆるく興味を持っている人向けに解説してみたい。

 

そもそもニコリキとは

もっとそもそもリキッドとは

VAPE・電子タバコを吸う場合は、「本体」の他にリキッドとかE-ジュースと呼ばれる液体を使う必要がある。

VAPE・電子タバコは、リキッドを気化させてその「蒸気」を吸引するものだ。

主成分はグリセリン食品添加物として使われるもので、これに香料などを混ぜたものがリキッドである。

ここが重要なのだが、一般的にリキッドといった場合にはニコチンは含まれない。

純粋にフレーバーを楽しむものなのだ。

 

ではニコリキとは

改めて説明する必要もないかもしれないが、上記のリキッドにニコチンを添加したものを「ニコチンリキッド」「ニコリキ」と呼んでいる。

敢えて形容詞をつけているのは、ニコチンが入っているものがマイナーだから。

そしてなぜマイナーかと言えば、国内での販売が禁止されており普段から目にする機会がないためである。

結構入手に手間がかかるニコリキだが、それでもほしい人がいるのは、ほとんどの人がたばこの代替品として位置付けているからだろう。

 

結構入手が難しい

既に少し触れた通り、日本においてはニコチン入りのリキッドの販売は禁止されている。

※所持や使用は合法。念の為。なんか説明の用語からイリーガルな香りがしてしまうが。

日本の法律(薬事法?)において、ニコチンは劇薬に指定されている。そのため、ニコリキを入手しようとすると個人輸入という方法をとる必要があるわけだ。

このあたりについては過去記事も参照してほしい。

 

startyourlife.hatenadiary.jp

 

たばこから切り替えるとコスパが良い

たばこの価格に占める税金の割合は極めて高い。最近は増税も実施され、実感としてはなおさら強くなっていることだろう。

これに対しニコリキにたばこ税は全くかからないのだ。しかもたばこのように栽培を必要とせず工業的な方法で作られている(たぶん)こともあり、そもそもの価格も安い。

海外からの輸送コストはかかるにしても、国内でたばこを買い続けるのとは比べ物にならないくらい安いのは間違いない。

 

startyourlife.hatenadiary.jp

 

ちなみに先ほどの薬事法の話にしても、たばこ税の課税の問題にしても、これは何かの理屈があってこうなっているわけではなくて、単純に法整備が追い付いていないだけだ(基本的に法律って目的が先にある場合を除いては、現実の後を追う形で整備される)。

そういった意味では今後は状況が変わる可能性は十分ある。現実的にはたばこ税の課税を前提として、もしかしたら国内での販売も許可されるかもしれない。

 

結局ニコリキって何がいいの?

ここまでのまとめである。

結局ニコリキとは何が良いのか。これは大きく二つの見方があって、一つは(ニコチンを含まない)リキッドと同じ意味での魅力。即ち嗜好品であったり、フレーバーを楽しむであったり、リラックス効果であったり。そ

してもう一つはたばこの代替品としてニコチンを摂取できるということ。それもにおいもほとんどせず、部屋や肺に色もつかない。

僕としては、現在たばこを吸っている人には結構強く試すことをおすすめしたい。結構視野が広がることは間違いない。

 

startyourlife.hatenadiary.jp