気になるブログ|ニコチンリキッド(VAPE)、その他気になったこと

たばこは健康に悪い。でも生活に彩りを与える。電子タバコ・VAPE+ニコチンリキッド(ニコリキ)というのはどうだろうか。

記事はこの後すぐ↓↓


テーマはあまり関係ないけど姉妹サイトです
<リンク:真夜中トーキョー>
「30代のこれからの生き方・働き方」を中心に、思いつくままの雑記ブログです。

もしお時間あれば見てみてください

個人輸入の決済手段について|ニコチンリキッドを個人輸入

ニコチン入りリキッドを楽しみたいなら個人輸入しか方法がないというのは以前紹介したとおりだ。

 

startyourlife.hatenadiary.jp

 

個人輸入そのものがなんとなくハードル感があると思うが、実際やってみるとAmazonで買い物するのと手間は何も変わらない。

とはいえ海外のサイトにクレジットカード情報を入力することに抵抗感がある向きもあるだろう。

 

クレカ情報を入力しても大丈夫!?

結論から言えば、僕が愛用しているHiLIQというメーカーについては大丈夫だと思う。

僕が初めてHiLIQを利用したのは5月。

なんとなく不安な気持ちを抱えながらクレジットカード情報を入力してみたのだが、約3ヶ月経過した2018年8月現在、おかしなことは特に何もない。

もちろん個人情報の流出とか悪用とかって入力後何日で起きるとか決まってるわけではないので、これだけで安全なんて言いきれないが、それは国内のサイトでも同じではないだろうか。

そもそもクレジットカードの悪用防止とかについてはカード会社も相当力を入れていたり補償面も結構ちゃんとしているので必要以上に神経質にならなくてもよいかな、とは思っている。

 

それでも不安ならPayPalが使える

上記のHiLIQについてはPayPalにも対応している。

もしクレジットカード情報を入力することに抵抗があるのであれば、PayPalを利用するのも一つの手だと思う。

 

PayPalについてご存じない方のために少しだけ説明。

インターネット上などにおける資金決済サービス。アメリカの会社が提供している。

最初にPayPalの口座開設が必要となるが、あとは登録したメールアドレスがあれば決済できる。

最近PayPalに対応しているサイトはどんどん増えてきているようだし、この際口座開設してみるのも良いかもしれない。

 

決済はドル建て

もう一つ注意したい点は、決済がドル建てということだ。

ドル円為替相場により最終的に支払う金額が変動するし、HiLIQが値段を変えなくても為替相場の影響で事実上の支払金額が増減する。

これだけ書くと非常にややこしいというか抵抗感が増えるかもしれないが、HiLIQの素晴らしいところは円貨表示にも対応していること。

商品の価格だけでなく、オプション(濃度選択とか)による価格の増減、配送業者による送料の違いなども全て円貨で表示される。

最終的に支払う金額を提示され、確認したうえで購入ボタンを押すことになるので、とても安心だ。

濃度選択などに迷うようなら下記の記事を参考にしてほしい。

 

startyourlife.hatenadiary.jp