気になるブログ|ニコチンリキッド(VAPE)、その他気になったこと

たばこは健康に悪い。でも生活に彩りを与える。ニコチンリキッドはどうだろうか。

電子タバコ(ニコリキ)とたばこ、加熱式たばこ(IQOSなど)の違い

昔は喫煙と言えば紙のたばこがすべてだったが、ここ数年で様々な選択肢が増えてきているように思う。

その最も先駆けといえるのはIQOSだろう。そのほかにもgloなどのたばこ各社の加熱式たばこが登場したり、電子タバコ(VAPE)もじわじわと知名度を上げているようだ。

 

選択肢が増えてきたのはよいが、結局どれを選んだらよいのか。どのような違いがあるのかについて理解しているだろうか。

 

僕自身は紙たばこオンリーだった生活から電子タバコ(VAPE)中心にシフトしたわけだが、それまでにIQOSなども色々と試している。

 

そこで今回はこれらのたばこ類似の製品についての違いについてご紹介したい。

 

<今回比較した種類>

紙たばこ…従来の火をつけて吸うタイプのたばこ

加熱式たばこ…IQOS、gloなど

電子タバコ…VAPEなどリキッドを入れて吸うもの。ploomtechもここに含める。

 

加熱方式と発生する気体の違い

紙たばこ、加熱式たばこ、電子タバコはそれぞれ独自の加熱方式を持っており、そもそも発生させている気体が異なっている。

紙たばこ

これは言わずもがなだと思うが、比較対象として念の為。

たばこの葉っぱを細かく砕いたものを紙で巻いてあり、これに直接点火して「煙」を吸引する。

 

加熱式たばこ

たばこからの乗り換えと言えばこれが多いだろうか。

この方式では、たばこ葉を細かく砕いたものを、電気的に加熱して「蒸気」を吸う。

便宜的な表現として「煙」といわれることも多いが、実際に発生しているのは蒸気である。

紙たばこと比較すると煙(蒸気)も少なめ。蒸気を発生させやすくするためグリセリンなどを添加している。

 

電子タバコ

たばこ葉を使用せず、フレーバー付きのリキッドを電気的に加熱して「蒸気」を吸う。

JTのploomtechは加熱式たばこと中間に位置するような存在で、リキッドを加熱して気化させるのだが、その蒸気をたばこ葉をくぐらせて吸っているものだ。

 

ニコチンなど含有物の違い

技術的な方式の違いは、当然含有物にも影響する。

紙たばこ

紙たばこで発生する煙には、ニコチンに加えてタールが含まれている。

ニコチンも毒だが、実はこのタールがかなりの曲者。歯や肺を黒くし、壁を汚すのはこのタールだ。

 

加熱式たばこ

加熱式たばこもたばこ葉を使用しており、ニコチンが含まれる。

が、紙たばことの大きな違いはタールがほとんど含まれていないということだ。

「ほとんど」という表現は悩ましいところで、事実上ないと言っていいのかもしれない。これは推測だがたばこの健康への影響に関する表示はかなり厳しく規定されており、「ゼロ」の証明ができないことには「含まれていない」と言い切れないのではないかと想像している。

 

電子タバコ

電子タバコに至ってはたばこ葉を使用していないため、基本的にはタールはもちろんニコチンも含まれていない。

基本的には、といったのには例外があるからで、例えばploomtechは蒸気をたばこ葉に潜らせているためニコチンを含むし、それ以外の電子タバコについてもニコチン入りのリキッド(ニコリキ)を補充すればニコチンが含まれることになる。

いずれの場合も燃やしているわけではないのでタールはほぼ含まれない。

 

 

味わい・吸いごたえの違い

紙たばこ

この記事を読まれている方の大半は喫煙者だろうからこの項目は特に書くことも少ないが、この後の比較のため確認しておく。

紙たばこではニコチンによる強烈な喉への刺激(吸いごたえ)があり、モノを燃やすことによる独特の香りがある。(そしてたばこを吸わない人には臭いといわれる)

また様々なフレーバーがついているものもあるが、メジャーなのはメンソールくらいであり、その他のフレーバーについては少数である。

 

※やや脱線すると、この物を燃やしたにおいは慣れてしまうため、喫煙者であればそんなに意識していないと思う。もし3日くらいたばこを辞められるなら、そのあと吸ってみてほしい。かなり独特のにおいがすることに気づくと思う。

 

加熱式たばこ

加熱式たばこは、紙たばこと比較してほとんどにおいがしない。と言われている。

個人的な感覚の違いはあるかもしれないが、僕にとってはかなり独特のにおいが感じられ、正直に言うととても臭い。

また吸いごたえについてはかなり軽めのたばこと同程度といったところだろうか。これも個人差があるかもしれないが、体感的には3mmくらいのたばこに近いように感じられた。

ふだん8mmのたばこを吸っていた僕からすると、IQOSの吸いごたえはかなり意識して探しに行かないと感じられなかった。

 

また紙のたばこであれば○○mmという表記があり、自分好みの濃度を選択できるわけだが、加熱式たばこの場合は技術的な問題だろうか、基本的に濃度は一種類である。

 

フレーバーについては紙たばこよりもたくさんの種類が出ているため、それなりに好みの味を探すことができると思う。

 

電子タバコ

これは基本的にたばこ葉を直接加熱したいためだろうか、においはほとんどしないと思う。(意図的に添加されているフレーバーは別として)

前2つと比較すると明らかににおいはおとなしい。

吸いごたえについては、ニコチンを含有しない一般的な電子タバコについてはほぼ皆無だ。たばこを吸ったときのような吸いごたえは「スロートキック(喉への刺激)」と呼ばれ、メンソール系リキッドで比較的感じられるといわれているが、正直たばこの代替としては甚だ物足りない。

ploomtechはたばこ葉を使用していることもあり、それなりに吸いごたえがあるのだが、何回か吸うとすぐに弱まってしまう印象だ。

その点ではニコチン入りリキッド(ニコリキ)を添加すると十分な吸いごたえが得られる。ニコリキのニコチン濃度も選択やブレンドが可能なため、紙たばこの0.1mmより弱くもできるし、どんな紙たばこより濃くすることもできることから、好みの濃度に出会える可能性はかなり高いだろう。

またフレーバーについても無数に販売されており、さらにはブレンドも容易だ。

例えばメンソールとアップルでアップルメンソール、バナナとヨーグルトでバナナヨーグルトなんて組み合わせもある。

ニコチンリキッドも含めたラインナップの豊富さについてはメーカーサイトを参照してみるとよくわかる。

 

ちなみにニコリキの購入方法については過去記事で詳しく説明しているので、興味があれば見て頂きたい。

 

startyourlife.hatenadiary.jp

 

 

まとめ

いかがだっただろうか。たばこは嗜好品のため、結局のところ実際に試してみて満足できるかどうかが一番重要なのは間違いないと思う。それでも自分なりに何を試すかの基準として参考になれば幸いだ。

 

コチラもおすすめ

 

startyourlife.hatenadiary.jp

startyourlife.hatenadiary.jp

startyourlife.hatenadiary.jp

startyourlife.hatenadiary.jp