気になるブログ|ニコチンリキッド(VAPE)、その他気になったこと

たばこは健康に悪い。でも生活に彩りを与える。ニコチンリキッドはどうだろうか。

ニコチン入りリキッドの安全性

ニコチン入りリキッドが安全か否か、もっと言えばVAPE自体が安全なのか。

これについてはいろいろな議論があり、まだ結論が出ていないというのが正確なところのようだ。

 

VAPE自体の安全性について

紙たばこに比べて、タールが入っていないこと点が健康的?というのが肯定的意見の代表ではないだろうか。

それに主成分のグリセリンについても食品添加物にも使われるようなもので人体には無害だとする向きもある。

とはいえ、食品品添加物そのものが本当に無害なのかということもちょっと怪しい気もする。

何よりそれを食べて胃腸を通じて消化吸収するのと肺から吸収するのでは違うとの意見も見たことがある。怖い表現としては「脳にダイレクトに吸収される臓器(肺)によくわからんものを入れるなんて恐ろしい」という意見を目にしたこともある。

でも結局のところまだ経験的データが少なすぎて真偽は不明としか言いようがないのだと思う。

 

ニコチン入りリキッドの安全性について

まずニコチン自体が劇薬であり、これについては吸うのと吸わないのでは吸わないほうが健康リスクが少ないのは100%間違いない。

ニコチン入りリキッドで言えば、例えばニコチン原液を購入して自分でブレンドするような方法もある以上、濃度を間違うと最悪死んでしまうようなリスクがあることは間違いない。

この辺りのニコチンを摂取するか否かということはさておいて話を進めたい。

すると問題なのは、ニコチン入りリキッドを購入しようとすると個人輸入しかない、すなわち海外メーカーの製品を購入する必要があるということだ。

ニコチンがどうのこうのではなく、不衛生な工場や倫理的に疑問符が付くような工程で製造されているのではないか。そういったポイントが国内製品より海外製品のほうがイメージ的にリスキーなイメージがあるのではないだろうか。

これらについては自分の目で確認することは現実的ではないが、一つの参考になるのは専門の検査機関による証明書だ。

僕がこのブログでも何度かおすすめしているHiLIQというメーカーではHP上に検査証明書を公開している。※中国語なので読めないが。

 

少しでも気になる人はやめといたほうがいい

冒頭でも述べた通り、ニコチン入りリキッドや、ひいてはVAPE自体の安全性にはまだまだ議論余地があるのだと思う。

自分の体のことなので、少しでも不安に思う人は手を出さなければいい。

とはいえすでに売っているものだし、その中で少しでも安全性の高いものを選ぼうとしたとき場合の話として検査証明書を参考にしてはどうか、という話だ。