30代からの裏ハローワーク|仕事・会社・人生・生き方のブログ

会社に就職してひと段落。これからの働き方について考えてみた。会社員・転職だけじゃない。むしろ起業やフリーランスを中心に自由な人生について考えるブログ。

脱サラから「成功」へ

一生サラリーマンとして働くことは悪いことではないと思う。

ただし、自分でしっかり選んだ道であれば、だ。

 

僕は自分で考えた結果、サラリーマンという生き方には満足できず会社を辞めた。

そして過去の記事でもとにかくサラリーマン以外の生き方を称賛するようなことを書いてきた。

 

当たり前だが、脱サラしたらすべてうまくいくわけではない。

何ならサラリーマンよりも「失敗」的なリスクは圧倒的に大きい。

さらに厄介なのは、事前に周到に計画してもその通りになることなんてごくわずかだということだ。

 

president.jp

 

こんな記事があった。

複数の脱サラ事例が紹介されており、それぞれ成功事例や失敗事例のような色分けがある。でもどれもこれも過程でしかない。

この記事で失敗事例のように紹介された方が、本当に失敗のまま終わるのか。

それとも何かできっかけをつかんで逆転するのか。

それは全くわからないけど、少なくとも野望や夢みたいたものを持ち続けるのを辞めてしまえばほとんどチャンスはなくなってしまうように思う。

 

そういった意思を持つことが第一。

何かしらの行動につなげることが第二。

継続してみつつ、他の行動も並行して検討することが第三。

 

これってとても大変なことのように聞こえるかもしれないが、少なくとも第二くらいまでは、縛られずに生きてさえいれば何とかなる気がする。

 

僕は今、おかげさまで十分生活できるだけの仕事を(個人として)させて頂いている。

しかし常に将来への不安はあるし、少しでも継続性が高くて他者の気まぐれに左右されない収入のモデルを作ろうと考え続けている。

 

今の収入があるうちに、2つ目3つ目の収入の柱を育てていきたいものだ。