気になるブログ|ニコチンリキッド(VAPE)、その他気になったこと

たばこは健康に悪い。でも生活に彩りを与える。ニコチンリキッドはどうだろうか。

人生の多様化と副業

最近、働き方改革などの流れの中で「副業」というキーワードを目にする機会が増えている。

副業への興味や、経験などについていろいろなアンケートがある様で、結果について共通して読み取れるのは「副業に興味がある人が多い」ということだ。

僕が見たのはこれ。

www.huffingtonpost.jp

 

見出しだけでも色々と考えさせられる。

上記の通り、興味のある人が多いがそれに続く言葉は「でもやったことはない」なのだろう。

 

上記リンクのアンケートによると副業の目的は「収入」だそうだ。

どんな形式でアンケートを実施したか細かくは見ていないが、まあそういう結果になるだろう。

 

僕も副業経験はとても大切だと考えている。

だけど正社員の傍らアルバイトをするとかって話ではない。

正社員をしながら、別の企業で専門性を活かして価値提供するとか、個人事業を副業として始めるとか、そういった形態が重要だと思う。

 

逆説的だけど、副業をしないことの何が問題なのか。

これは本業一本の人全てを一括りにする意図はないが、「サラリーマン根性」がしっかり根付いてしまうケースが多いのではないかと思う。

 

サラリーマン根性というのは概ね「働く意味を収入だけに求めている」というようにとらえている。

ここから派生して、

  • 会社を辞めるという選択肢が消える
  • やりがいを見出せずストレスがたまる
  • 会社に何かあった場合に詰む
  • 時間の切り売り状態になる

などの弊害があるのではないだろうか。

 

いつもの話だが、高度成長の時代はそれでもよかった。

大多数は終身雇用で、加齢とともに収入も増え、老後は潤沢な年金で生活できたから。

しかし今は違う。

転職は当たり前で個人としての市場価値を問われる。縮小する市場の中で企業は効率重視になって、実力主義的になり雇用は流動的になる。さらに年金なんて何歳からもらえるかわからない。

こんな状況では基本的に「できない人」が割を食うことになるだろう。

 

「できない人」にならないため、何かあっても自分で食っていける実感や経験を得るために副業という選択肢が有効だと思う次第だ。

 

僕の認識では、副業とは「自分の名前で仕事をする」ということ。

仮にほかの企業で働くとしても、そこではどんな価値が提供できるのかが問題になる。個人で何かやるならなおさらだ。

 

自分の名前で仕事をする=自分が提供する価値を理解し収入に変える。

今後企業に勤め続けるにしても、独立して働くにしても基本はこれだと思う。

 

「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉があった。

子供が好きなものってこれでしょ、という画一的な価値観を象徴する言葉だと思う。

全てにおいてこの価値観は崩れている。

 

余談だが地上波テレビや新聞の衰退もこの流れで説明できる部分が大きいと思っている。

昔は画一的な価値観を享受していればよかったし、その提供者は受け入れられていたが、今ではよりオーダーメードに近い、細分化された価値観を個人が選び始めた時代だと思う。

 

働き方もしかりで、企業に勤めていればそれなりの人生が送れる期待値が高かったわけだし、それを基盤に趣味などで自分の色を出せばよかった。

でもこれからは、人生のあり方は細分化され、自分自身でデザインせざるを得ない時代になってきているのではないだろうか。

 

せっかく生まれてきたのだからいい人生にしたい。

これを否定する人はいないと思う。

今の自分の延長線上にあるのは果たしてあなたの幸せだろうか。

大多数が選んでいるからと言って、画一的なモデルを受け入れているだけではきっと満足は得られない。

副業でもなんでも、今からオーダーメードの人生を作り始める一歩を踏み出してみるのは決して損はしないと思う。