30代からの裏ハローワーク|仕事・会社・人生・生き方のブログ

会社に就職してひと段落。これからの働き方について考えてみた。会社員・転職だけじゃない。むしろ起業やフリーランスを中心に自由な人生について考えるブログ。

30代で独立は遅いか早いか

移転しました。

僕は昔から独立志向が強かった。

といっても今から振り返ると、若くして起業する人たちに比べて能力も知識も、努力の量もどれも中途半端だったように思う。

 

そんな僕だが、30歳を少し過ぎたくらいの時に、まがりなりにも独立することができた。

大きな事業を運営しているわけでも、めちゃくちゃ稼いでいるわけでもないが、まあそれなりの収入を得ながら、未来への可能性を感じられる程度にはやらせて頂いている。

 

過去にもっと努力すればよかったなんて思いも無いではないが、そんなことを言っても何も生み出さない。むしろ僕みたいな凡人が独立して、場合によっては事業を拡大してゆく過程としては上出来だと思うし、僕と同じような凡人(というと失礼かもしれないが)にとっては、最も一般的なコースなのではないだろうか。

 

そもそもホリエモンこと堀江貴文さんのように、学生時代からベンチャー企業を立ち上げて・・・といったようなモデルは、よほど選ばれた人の歩む道だと思う。

それが先天的な能力なのか、色々な経験によって早期に培われた能力なのかはわからないが。

 

20歳そこそこで起業しようとしたとして、強烈なアイデアや、絶対実現できる確信がない限りは無謀なケースが多いと思う。

自分が20歳代前半だった時のことを思い出すと、恥ずかしいほどの青二才だった。

わけのわからないアイデアで起業とか言い出さなかったことをほめてやりたいくらいだ。

 

やはり10年くらいはしっかり社会人経験も積んで、ビジネスのことや社会のこと、大人の人間関係の機微をある程度身に着けてから独立すべきだろう。

 

ここまでが、20歳代(前半)での独立は、普通の人には早すぎるのでは?という話。

 

では30歳を過ぎたあと、遅すぎるラインってあるのだろうか。

基本的にはないと思う。

 

以前、金融機関に勤めていた際、新規開拓で飛び込み訪問した先の話をしたい。

結局取引が成就することはなかったのでうろ覚えではあるが、何か金属加工品を海外から輸入して売るというビジネスで、社長は定年後に独立されたようだ。

資料を見せてもらったわけではないが、そこそこ売上があって利益も出ていると仰っていた。

 

このケースなんかは独立・起業という観点では成功と言っていいだろう。

訪問した時点では起業後3年も経っていなかったはずだから、大成功といっても良いかもしれない。

ここで考えたいのは2つ。

  1. 創業すぐにビジネスとして成功した理由
  2. 社長の年齢

1の成功した理由については想像に難くない。

単純にサラリーマン時代に、大変な努力をして築き上げた資産をベースにしているからだ。

ここで言う資産とは、ノウハウであり、仕入先のネットワークであり、得意先のネットワークのことだ。

基本的に商売というのは、売れるモノがあって、買ってくれる人がいれば成立する。

それを独立前からほぼ完ぺきに準備できているから成功した。

そしてこのことは、2の年齢と当然無関係ではない。

 

この社長の場合、定年してから独立して(僕からみれば)とても成功している。

これが遅すぎたのか否かについては、ご本人にしか判断しづらいところだ。

もともとサラリーマン時代も楽しくやってきて、定年後の企業はオマケみたいなものだとしたら、この方にとっては別に遅すぎたなどと言われる謂(いわ)れはない。

 

一方で、本当はサラリーマンは嫌で一刻も早く独立したかったのだとしたら、遅すぎたと言わざるを得ないだろう。

この方のビジネスマンとしての残り時間を考えると、どう見ても10年程度がせいぜいだろうからだ。

 

要するに若くして独立を志す人にとっては、準備ができた時が最善の独立タイミングで、いかに早く準備ができた状態を作るかが勝負だということ。

蛇足ながら、「準備は完璧」という実感を得ることはおそらくない。

多少の見切り発車感は残るだろうが、現実的に3年間事業を維持できる目算があるのならさっさと独立してしまうに越したことはない。

独立してからの方が新たな挑戦に割ける時間も多くなるしね。